藍支店で特殊詐欺の被害防ぎ感謝状

特殊詐欺防止の感謝状と藍支店職員一同 藍支店がこのほど、特殊詐欺の被害を防いだとして三田警察署より署長感謝状を受領しました。
 来店した利用者から「身内が亡くなったので定期貯金を解約したい。300万円が必要」との申し出を受け、窓口担当者が再度内容を伺ったところ、利用者のご子息を名乗る者から「3時までに資金が必要」などの電話を受けていることがわかりました。チェックシートを基に管理職が応対し三田警察署に連絡、同署の捜査で詐欺であることが判明しました。
 同支店では、他行での振り込め詐欺についての情報が共有されていたこともあり、意識を高めて業務にあたっていました。感謝状を受領した職員は「自分自身の判断だけでは難しく、管理職と相談し応対するなど支店の連携で今回の未然防止につながった」と話し、西井 匠支店長は「職員の声掛けで利用者の大切な資金を守ることができた。今後も、注意力と観察力をもって声掛けを励行するとともに、警察署との連携を強化し特殊詐欺等の未然防止に努めていく」と話しました。


JAバンク利用者保護等管理方針プライバシーポリシー Copyright(C)JA HYOGO ROKKO. All Rights Reserved.