兵庫六甲農業協同組合 Google

サイトマップリンクお問い合わせ
農業情報メニュー
農業情報トップ
 
食べよう
  新鮮食材で楽しくクッキング
  ご飯をおいしく食事を楽しく
  JA兵庫六甲のお米
  JA兵庫六甲の特産品
学ぼう
  農業の巨匠達
  田んぼの教室・食と農の体験
  野菜のルーツ
  食のおはなし
  農産物が届くまで
  お米のあれこれ
つくろう
  家庭菜園
  花庭づくり
極めよう
  センターだより
  市況情報(神戸西出荷分)
  全農兵庫朝市市況情報
  農薬使用の注意事項
活用しよう
  農協市場館・直売所
  コイン精米機
  営農センター
  農機具のリース
リンク
 
農業市場館 六甲のめぐみ
ファーマーズマーケット スマイル阪神
イチジク(神戸西・川西・伊丹地区)
販売時期 神戸西地区:8月上旬〜10月下旬
川西地区 :8月上旬〜10月中旬
伊丹地区 :8月上旬〜10月中旬
特徴 イチジクの原産地はアラビア南部で、日本にはポルトガル人が伝えたとされています。イチジクには、タンパク分解酵素のフィシン、リパーゼ、アミラーゼ、パーオキシターゼが果実に含まれ、消化を助け、便秘を緩和する働きがあります。
兵庫県でのイチジクの栽培は古く、昭和初期に広島県の桝井氏がフランスから北米原産のドーフィン種を持ち帰り、川西市で栽培したのが始まりです。 そして「桝井ドーフィン」という品種を作り出し、神戸市内、伊丹市内でも作られるようになりました。 現在、神戸市では年間約700トン(出典:「平成25年度 神戸市内農漁業の現況」)のイチジクが生産され、全国で上位に入るほどの産地となっており、全国でも数少ない完熟したものを収穫し出荷している産地です。
また川西地区では、果実の販売とともに「イチジクワイン」としても人気があります。また伊丹地区と川西地区では、地元加工グループによるジャムもおすすめです。
調理方法 【イチジクのコンポート】
材料
・イチジク…4個
・赤ワイン…200ml
・水…100ml
・砂糖…50g
・レモン汁…1/2個分
・シナモンスティック…1本
(他にローズマリーやバニラスティックなども)
・バニラアイス…200g

作り方
@イチジクを熱湯にさっとくぐらせて冷水にとり、皮をむく。
A鍋に赤ワイン・水・砂糖・レモン汁を入れ、シナモンスティックとイチジクを加えて20〜30分間煮る。
Bイチジクに透明感が出て柔らかくなってきたら、火を止めてあら熱をとって冷まし、冷蔵庫で冷やします。
C皿にバニラアイスと盛り付ければ出来上がり。

おすすめの保存方法 ビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存して早めに食べましょう。
販売店/お問い合せ先 六甲のめぐみ 
Tel:078-997-9955
神戸西営農総合センター
Tel:078-961-1277

四季の郷
Tel:072-791-1312
川西南部農産物直売所川西営農支援センター
Tel:072-757-3575
スマイル阪神
Tel:072-783-6977
伊丹営農支援センター
Tel:072-772-3302

JA兵庫六甲内部統制に関する基本方針 金融円滑化に向けた取り組みについて コンテンツ利用条件
JAバンク利用者保護等管理方針 プライバシーポリシー Copyright(C)JA HYOGO ROKKO. All Rights Reserved.