兵庫六甲農業協同組合 Google

サイトマップリンクお問い合わせ
農業情報メニュー
農業情報トップ
 
食べよう
  新鮮食材で楽しくクッキング
  ご飯をおいしく食事を楽しく
  JA兵庫六甲のお米
  JA兵庫六甲の特産品
学ぼう
  農業の巨匠達
  田んぼの教室・食と農の体験
  野菜のルーツ
  食のおはなし
  農産物が届くまで
  お米のあれこれ
つくろう
  家庭菜園
  花庭づくり
極めよう
  センターだより
  市況情報(神戸西出荷分)
  全農兵庫朝市市況情報
  農薬使用の注意事項
活用しよう
  農協市場館・直売所
  コイン精米機
  営農センター
  農機具のリース
リンク
 
農業市場館 六甲のめぐみ
ファーマーズマーケット スマイル阪神
栗(宝塚・川西・猪名川地区)
販売時期 宝塚地区 :9月上旬〜10月上旬
川西地区 :9月上旬〜10月中旬
猪名川地区:9月上旬〜10月中旬
特徴 北摂地方の栗栽培は平安時代に始まり、 丹波栗・能勢栗と並び、特産物としてその名を知られてきました。大正末期には年間800石を生産し、アメリカにも輸出するほどになり、各地の品評会でも数々の賞に輝いてきました。
その由緒ある歴史に品質・栽培技術の改良を重ね、ますます味わいを深めた「北摂栗」。産地直送の香り、秋の味覚をご賞味ください。
<銀寄>の名の由来
栗にはさまざまな品種がありますが、その中でもとりわけ大きく味の良い品種が「銀寄」です。
銀寄の名前の由来は、江戸時代中期に、能勢町歌垣の人が広島から持ち帰った栗を植えたところ、立派な果実をつける樹ができ、これが以後近隣に増殖されました。
そして、天明・寛政年間(1781〜1801年)の大飢饉のとき、この栗を出荷したところ、多くの銀札 (当時のお金)を寄せることができ、地区の農民を救ったことから、以来「銀を寄せる」という意味で 「銀寄」と呼ばれるようになったと言われています。
調理方法 栗の渋皮煮、栗おこわ、栗の甘露煮、ちょっと贅沢にカレーに入れてもおいしいです。
<栗の皮むきの方法>
湯の中に2〜3時間つけておくと、鬼皮が柔らかくなってむきやすくなります。
保存方法 栗はその見かけのせいか常温保存されがちですが、果物なので必ず冷蔵保存し、2〜3日のうちにお召し上がりください。長期保存する場合は、鬼皮をむき冷凍保存しましょう。
販売店/お問い合せ先 西谷夢市場
Tel:0797-91-1638
フレッシュ宝塚朝市宝塚営農支援センター
Tel:0797-91-1565
四季の郷
Tel:072-791-1312
川西南部農産物直売所川西営農支援センター
Tel:072-757-3575

道の駅いながわ
Tel:072-767-8600
猪名川営農支援センター
Tel:072-767-8020

JA兵庫六甲内部統制に関する基本方針 金融円滑化に向けた取り組みについて コンテンツ利用条件
JAバンク利用者保護等管理方針 プライバシーポリシー Copyright(C)JA HYOGO ROKKO. All Rights Reserved.