TOPへ戻る
close

淡河のチューリップの出荷を開始します

JA兵庫六甲 淡河チューリップ部会(神戸市北区淡河町)が、チューリップの出荷を開始いたしますのでお知らせします。
淡河のチューリップは、同市同町で昭和28年頃から栽培が始まり、60年以上の歴史を持つ特産品で、長年にわたる研究と独自の栽培方法によって、発色の良さと花持ちの良さを実現させ、花き業界でもトップクラスの品質との評価を得ています。
現在では、約110品種(2020年現在)、年間約38万本を関西圏の直売所や市場、関東圏の市場に出荷しています。全国的にも一早く春色を運ぶ花としても人気があります。
コロナ禍の影響で外出する機会が減少する中、「おうち時間」を楽しんでいただける淡河のチューリップをぜひ取材いただき、報道の素材にご活用ください。

《出荷について》
◆出荷期間:令和2年12月12日(土)予定~令和3年3月末頃まで
      ※出荷先市場での共撰品の取引は、令和2年12月14日(月)から開始予定
◆共撰出荷:毎週 月・水・土 
◆出荷市場:関西花き市場 5市場 及び 東京花き市場 1市場
      JA兵庫六甲 直売所(神戸市、三田市)


【お問い合わせ先】
JA兵庫六甲 企画管理本部(広報)
Tel:078-981-6550


兵庫六甲農業協同組合(愛称:JA兵庫六甲)
〒651-1313 神戸市北区有野中町2丁目12-13 Tel:078-981-6550
© 2019 HYOGOROKKO