総合学習で米づくり体験 稲刈りを実施

鎌を使って稲を刈り取る児童 甲東支店と西宮営農支援センターは生産者組織である「甲東小学校ふれあい水田の会」とともに10月10日、西宮市立甲東小学校の児童139人とその保護者を対象に、5月に植えたもち米(ヤマフクモチ)の稲刈りを行いました。この活動は、同小学校の5年生の総合学習「甲東の米づくり」の一環として、地元における米づくりの体験を通じて自然とのふれあい、農業の大切さを学ぶことを目的としています。
 同月5日、JA兵庫六甲の職員から稲の生育と収穫、精米までの流れ、鎌を使った刈り取り方法を学んだ児童は、保護者と一緒に鎌を使った手刈りに挑戦しました。「初めて鎌を使っての稲刈りで緊張しましたが、楽しかったです」「収穫したもち米で餅つきをするのが楽しみ」といった声が聞かれました。


JAバンク利用者保護等管理方針プライバシーポリシー Copyright(C)JA HYOGO ROKKO. All Rights Reserved.