TOPへ戻る
close

環境に配慮した農法 アイガモ達がまもなくお目見え!

川辺郡猪名川町で、JA兵庫六甲 猪名川アイガモ部会が、水田にアイガモのヒナを放鳥しますのでお知らせします。
同町では、平成12年から「合鴨農法」を取り入れ、現在3軒の農家が約1haの田んぼで「アイガモ米」を栽培しています。
合鴨農法は、アイガモが水田の雑草や害虫を食べることで、農薬の使用を慣行の約半分に抑えられ、残留農薬も国の基準値の10分の1以下まで低減することができます。フンが肥料になるなどの効果もあり、自然生態系にやさしく、環境に配慮した農法であることから兵庫県の「ひょうご安心ブランド」に認定されています。昨年度には、同部会の部会長上殿 美仁さんが手掛ける「アイガモ米」が五穀豊穣を神々に感謝する宮中行事「新嘗祭」に献穀され、大変注目されました。
農業振興の一助となり、生産者の良きパートナーとして活躍するアイガモたちの様子をぜひ取材いただき、報道の素材としてご活用ください。

《詳細について》
◆生産者:JA兵庫六甲 猪名川アイガモ部会
◆放鳥日時:令和4年6月12日(日)を予定
※放鳥前のアイガモのヒナの様子は、5月23日~30日頃にもご覧いただけます。詳細については、下記まで問い合わせください。
◆放鳥場所:川辺郡猪名川町下阿古谷
◆栽培面積:約1ha
◆放鳥数:185羽

※取材にお越しいただく際は、詳細について下記問い合わせ先までご連絡ください。

【お問い合わせ先】
JA兵庫六甲 企画管理本部(広報)
Tel:078-981-6550


兵庫六甲農業協同組合(愛称:JA兵庫六甲)
〒651-1313 神戸市北区有野中町2丁目12-13 Tel:078-981-6550(代表)
© 2019-2022 JA HYOGOROKKO