地域のイベントで地元野菜をPR

さまざまな地元産の農産物が並ぶブースの様子 甲東支店と西宮営農支援センターは5月7日、であい市門戸厄神実行委員会が主催する「であい市門戸厄神」で、地元住民に地元産農産物の品質の良さをPRすることを目的に地元産の野菜などを販売しました。
 当日はゴールデンウィーク中の晴天ということもあり会場には多くの人が訪れ、コマツナやホウレンソウなどの軟弱野菜をはじめ地元産野菜を求める来場者で長蛇の列ができるほど大盛況となりました。野菜を手にした来場者は「JAの販売をいつも楽しみにしている」と話しました。同支店は地域の生産者と地域住民をつなぐため、今後もさまざまな活動を行っていきます。


JAバンク利用者保護等管理方針プライバシーポリシー Copyright(C)JA HYOGO ROKKO. All Rights Reserved.